整体・資格

人々の価値観は時代とともに変わってきます。

 

経済成長期のバブル時代にはもっぱら「お金やモノ」に対しての願望が大きかったのですが、いまや人々の関心は健康や家族のことにその比重が移っていっているようです。

 

このところの「体の癒し」ブームがよくそのことをよく表しているようです。

 

こうした中にあって、いま「整体師」という仕事がにわかにクローズアップされてきているようです。

 

 

 

整体師とは文字どうり整体という人の体を整える仕事に従事する人のことを言います。

 

では整体とは具体的にどんなことをするのでしょうか。

 

それにどのようにしたら整体師の資格を得ることができるのでしょうか。

 

 

 

 

【今後有望な職業である整体を始めるにはどうしたらいいのか】

 

 

整体師の仕事は国家試験を受けて始めるのではありません。

 

整体師は民間の資格ですから免許は必要ではありませんが、この仕事をやっていくためには「解剖学」や「生理学」などの基礎医学の知識が必要になります。

 

その上、特殊技術である手技による「脊椎矯正法」をマスターしなければなりません。

 

こうした知識や技術を習得するためには整体スクールの講座を受講して学習する必要があります。

 

こうした講座には通信制もありますが、それだと実技の反復練習に難がありますから、やはり直接スクールへ通学して学ぶのがベターではないでしょうか。

 

ネットにはこうしたスクールについての様々な情報が載っています。そうした情報を元に、地理的条件やその他諸々の条件を見比べながら、じゅうぶんに検討を加えて、自分に合ったスクールを選択する必要があります。