自分で出来る治療法「自宅篇」

前章で「仕事中でも自分で出来る治療法」について記しましたが、勤務時間以外の日常生活でも心がけ次第で改善できる方法が有りますのでパソコンに向き合っている時間のストレッチ法と合わせて行ってください。

 

 

 

 

◆自分で出来るストレートネックの改善法

 

 

1、 朝になって目覚めましたら、布団の中で仰向けに寝たままで、手と足を延ばして「伸び」をしてください。

 

思い切って5秒ほど伸びをしましたら、身体の力を抜いて15秒ほどリラックスします。

 

これを3回繰り返してからゆっくりと立ち上がって普段の行動に入ってください。

 

これは一種のストレッですが「伸びと脱力」を繰り返す事で睡眠中の偏った姿勢を修正できます。

 

 

 

2、 起床してトイレや歯磨きが済みましたら、前章で仕事中に行ったストレッチを行って下さい。

 

このストレッチ法は回数にこだわる必要は有りませんが、時間があったら時々行ってください。

 

「脊椎周辺の筋肉や靭帯、筋が健康状態を回復できます。」

 

 

 

3、 出勤や帰宅時の通勤などの歩行時に出来るだけ姿勢を真っすぐに保って胸を張るような形で歩くように気をつけてください。

 

少し胸を張って眼は遠くを見るようにしながら威張っている感覚の姿勢で歩いてください。

 

この姿勢は、ファッションモデル等の歩行と似ていますので他人が診ても格好良く見えます。

 

 

 

 

 

4、 夜になって寝るときに枕をしないで仰向けに寝て出来るだけ顎を上に突き出すような形を5分間1回だけ続けてください。

 

首の骨が本来の弓なりの形になるような形になる方向に顎を上に突き出します。

 

ただし、初めは痛みが出るところまでは曲げないで少しずつにしてください。

 

これはストレートネックの矯正に効果が出てきますので毎日5分間1回だけ行ってください。