家庭でできるストレッチ

家庭でできる運動で限られたスペースで出来る予防、改善方法として、ストレッチがあります。
この方法だといつでも気軽に行えますし、体全体を使うので肩こり以外にも効果を発揮する事が出来ます。

 

肩こりストレッチの方法は、リラックスした状態で行いましょう。
勢いをつけずに、ゆっくりと行う事も大切です。

 

 

 

肩こりストレッチの方法は、まず、首を左右にゆっくりと倒してゆきます。そして上下にもゆっくりと前後屈させます。
そして首をゆっくりと回します。
右回り、左回りと行います。

 

 

 

次は肩のストレッチです。伸ばした腕を反対の腕で胸の方へ引きつけます。
今度は反対の腕を同じ様に引きつけます。
腕を上げて片手で反対の腕のひじを掴みます。
その掴んだ手で腕を前に引きつけます。
反対側も同じように行います。
上体をかがめながら前に両腕を出して水平に伸ばします。
そして伸ばした両腕を下して上体を戻します。

 

今度は状態をかがめながら両腕を後ろに反らせます。
これだけのストレッチだけでも十分な効果を発揮します。
最初は無理をしないで動きを抑えて行うと良いでしょう。
筋肉の動きを意識しながら行うとより効果的です。

 

 

 

このストレッチを楽になるまで連続して行うのですが、ストレッチの最中に痛みが出たり頭痛や気分が悪くなった場合は即座にストレッチを中止し、安静にしてください。
日常で使わない筋肉や関節を使うストレッチなので体が対応していない場合があります。
少し時間をおいてから再度チャレンジするようにしましょう。何度行っても無理な場合もあります。
その時はストレッチを中止し、整体院や整形外科などの専門機関にて診察やアドバイスをもらう事をお勧めします。